文章編集で忘れてはいけないマインドとは

言いたいことを洗い出す

長い文章を書くときは言いたいことを箇条書きで洗い出し、同じような種類のものに分けてから組み立てていくと良いでしょう。

思いついた順番に書き出してしまうと、途中で話が元に戻ってしまったり、文と文がうまくつながらなくなってしまうことがあります。

場合によってはマインドマップを作成するのも良いでしょう。

ある程度の文章を作ったら編集と組み立てを繰り返し、ストーリーとして流れを作っていくと良いです。

編集するときは表記ゆれについても注意しましょう。

日本語には同じ意味で言い方が違う言葉がたくさんありますので、文章によって単語が違ってくると、読み手がうまく理解できなくなってしまうことがあります。

表記ゆれをなくすことで完成度の高い文章ができあがります。

相手に何かを伝えるような文章では、言いたいことをただ言っているだけではいけません。

人が読んだときにちゃんと理解してもらえるかということを考え、常に読み手の立場に立つマインドが重要です。

限られた文字の中に言いたいことを詰め、わかりやすい言葉で編集するとワンランク上がった文章になります。

文章は読みやすくまとめる


句読点の修正は編集作業の中でも重要な工程です。

句読点の位置で文章の読みやすさが変わるだけでなく、場合によっては意味すらも違ってとらえられてしまう可能性があるからです。

長文の中に句読点が全くないと、文章全体のバランスも悪く、目が疲れてしまいます。

また、短文ばかりの文章では意味は伝えやすくなるかもしれませんが、幼稚な文章に見えてしまうかもしれません。

編集段階では短文でも良いので、組み立ててまとめていく作業が重要なのです。

話の内容が少し変わるときは段落を作って、文章と文章の間をわかりやすく編集することも大切です。

段落があることで内容が変わったことがわかり、次の話を理解する準備ができるからです。

文章の語尾の終わり方にも注意しましょう。

同じ終わり方が連続して続いていると、せっかく文章にしても、短文が続いているように感じてしまうからです。

ですやますを適切に使用し、場合によっては否定や疑問を問いかけるような書き方も良いかもしれません。

まとめ

文章を書く人は常に読み手の立場になって考え、意図が伝わるかどうかを気にしながら文を組み立てていく必要があります。

文の構造次第では間違った風にとらえられてしまう可能性もあります。

編集した後に一度読み直し、意図が正しく伝わるのを確認するようにしましょう。

伝えたいことがうまく伝わらない場合は、文の組み立ての方法を変更してみると良いです。

マインドマップを作って同じ内容のものをまとめたり、順番を決めていくのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。