導入文は適度な長さに編集する

短くても長くてもダメ

一昔前は記事は新聞や雑誌などで読むのが普通でしたが、現在ではネットメディアも普及しているので、幅広い場所で記事が読まれているような特徴があります。

記事を書くために最初に導入文を用意しないといけませんが、導入文は記事の最初の部分になりますから、この部分が興味を引くような内容でないと読者が集まらないような可能性が高いです。

そのため導入文にこだわりを持って長文にしてしまうようなケースがありますが、そのようなことをすると本文を読んでもらう前に読者が離れてしまう可能性があります。

また短すぎてしまうような状態ですと、どのような記事なのかを読者が正確に判断することができなくなるので、そのようなパターンもダメかもしれないです。

そのときに文章編集のスキルを活用することで、綺麗な導入文を用意することができます。

最初に長文で書いてしまったような場合でも、文章編集をすることで読みやすい内容にすることが可能です。

入口になることを理解しないといけない


導入文は自宅で例えると玄関であり、お客さんが入口に立っている状態になりますから、スムーズに入ってもらわないといけないです。

スムーズに入ってもらうには、読みやすい内容と興味を引く内容をミックスさせないといけませんから、その点に注目して導入文を書くのが大切になります。

文章編集をすることで、いくらでも素敵な内容にすることができますから、最初はとりあえず書いてしまうのが重要です。

元になる文章が存在すれば、適切な内容に編集をするだけで素敵な導入文にすることができますから、問題を解決するには順番としてクオリティに関係なく書かないといけないです。

そのまま使用するのではなく、文章編集を活用することで他の人の意見などを取り入れることもできますから、アイデアが足りないような場合もすぐに改善をすることができます。

文章編集の添削では無駄な部分を削るのが大切になりますし、読者のメリット的な要素が足りない場合は追加するといいかもしれないです。

最終的には適切な文字数になるまで文章編集をすることで、クオリティの高い導入文を用意することができるはずです。

まとめ

多くの人に読んでもらえる記事を用意するには、導入文にこだわらないといけませんが、基本的に長すぎても短すぎてもダメです。

適度な文字数にしないといけませんし、読者にしっかりと本文まで読んでもらえる内容にするのが大切になります。

そのためには文章編集をすることが求められますし、最初に長すぎる内容になっても、文章編集をすることで必要がない部分を削ることが可能です。

文章編集を活用することができれば、誰でも素敵な導入文を用意することができると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。