編集は常に読み手目線を忘れずに

自分目線になると伝わらないこともある

自分の言いたいことばかり意識してしまうとまとまりがなくなったり、個人的な感情が強く出てしまうことで読み手にとって分かりにくい文章になる可能性が高いです。

特に危険なのが自分語りに終始してしまうケースです。

自伝であれば武勇伝や価値観を知りたい人が読んでいるので、自分語りに終始しても問題ないですが、その他のジャンルではなるべく自分語りの部分が少ない方が良いです。

読み手が何を求めているのかという点を常に考えて、余計な情報はなるべく省いていく努力が必要です。

読み手が何を求めているのか分からない場合は、自分が読み手になった時のことを考えてみるのがおすすめです。

「どういったテーマの文章だと読みたくなるのか」、「どういった構成だと読みやすいのか」など、基本的なことを振り返ってみるのが大事です。

自分目線になりそうな時は趣味の時間をなどを確保したり、家族や友達とおしゃべりをして一度リフレッシュをするのがおすすめです。

編集は第三者の意見を参考にすると良い


編集を作者と担当者だけで行っていると偏った目線になってしまいがちです。

ルーティン化すると面倒な手間がかからないですし、時間も短縮できるので便利ですが、安易なルーティン化はリスクが伴うケースもあります。

時にはルーティンにはない作業を入れて活性化を図るのも有効な手段です。

特に編集は作者と担当者だけで行うのではなく、第三者の意見を聞いてみるのが大事です。

例えば編集者に依頼して文章をチェックしてもらうと、今まで気付けなかったポイントに気付けることがあります。

気付けなかったポイントを見つけることで編集は効果的になり、文章も読みやすくなります。

高度な編集技術を求める場合は直接編集者を探したり、フリーランスに依頼できるサービスを利用するのがおすすめです。

直接編集者に仕事を依頼することで手数料はかからないですし、フリーランスに仕事を依頼すると相場よりも安く編集してもらえる可能性が高くなります。

まとめ

編集を常に読み手目線で行うためには、個人的な意見や偏った考え方を減らしていく努力が必要です。

自分目線になると伝わらないこともあるので、自分目線になりそうな時は趣味に時間を使ったり、家族や友達とおしゃべりをして気分をリフレッシュをするのがおすすめです。

編集を作者と担当者だけで行っていると偏った目線になってしまいがちなので、第三者の意見を参考にすると良いです。

第三者に文章をチェックしてもらうことで、今まで気付けなかったポイントに気付けるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。